PCXのココが好き・嫌い!!納車1か月、実際に乗ってわかったこと

僕は原付2種を買おうと決めたとき、はじめはヤマハのNMAXにしようと思っていました。
その理由は、NMAXにABSが標準装備されている点やデザインがどこか上品に見えてカッコイイという点に魅力を感じていたからです。

それがどういう経緯でホンダ PCXの購入を決めたのかについては別の記事にまとめてありますので、よかったらご覧ください

タイトルの通り、以前からホンダのPCXとヤマハのNMAXなど原付2種の間でどれを買おうか悩んでいましたが、悩んだ末にPCXを購入しま...

今回はPCX納車後1ヶ月、1000キロぐらい走行してみたところで気づいたことを書いてみました。
PCXの良いところばかりではなく、悪いところも書いていこうと思います。



1.良い点

① インパネがでかい

まず、PCXのインパネはデカくて見やすいです。

自分みたいなうっかり者でもインパネがデカイことで、ウインカーの消し忘れに気付きやすくなります。

それでもたまに消し忘れたりすることもありますが(笑)

② パワー不足を感じない走り

流れが速く、交通量の多い道路でも周りのクルマの流れにのって走ることができます。

まったくパワー不足は感じませんね。

地方のバイパスなど「ココは高速道路か!?」っていうぐらい流れの早い道路でもまったく問題ありませんよ。

③ ハザードが地味に便利

PCXにはハザード機能がついていますが、これが地味に便利です。

道に迷ったり、急に電話がかかってきたりすることってありますよね?

路肩に一時的に停車するときや道をゆずってもらったときのお礼で「ありがとうございます」「ごめんなさい」という気持ちを相手に伝えるときにハザードは活躍します。

また、道路工事のために交互通行をやっているときに、最後尾で停車したとき、ブレーキランプ+ハザードがあれば、うしろから来る車に自分の存在を知らせることができます。
自分が停車していることを相手の車にアピールできるわけです。

ブレーキランプだけで後続車を待ってるよりは安心感が格段に上ですよね(こういう場合は前に行ってしまうのも安全策の1つだとは思いますが、自分の’’存在’’を相手に知らせることも安全策の一つだと思います)。

④ トップケースをつけたときの違和感が少ない

これは個人的な感想にすぎないのですが、PCXは他の原2と比べてトップケースを取り付けたときの外観上の違和感が少ないと感じます。

これは、他のスクーターに比べてPCXの車体が大きいことと、フラットボードではないために外観全体の均整がとれているから(=流線的・連続的なデザインが保たれているから)ではないかなと思っています。

2.悪い点

① スベる

納車前からPCXに標準装備されている純正IRCタイヤは雨の日やマンホール・白線の上などの状況ですべりやすいということは知っていたのですが、本当に滑ります。

個人的に怖かったのは、雨天時の橋の両端にある接ぎ目の鉄板です。

道も橋もまっすぐならば問題はないのですが、橋自体がカーブになっていたり、橋のすぐ先がキツいカーブになっているような場合にはどうしても鉄板の上で車体を傾けるか、タイヤの向きを変える必要があります。

そのときにツルッとスベります。それが本当にこわいです。

キャンプツーリングなどで後ろに荷物を積んでいる場合はもっとこわいです。

そんなかんじなので、滑りやすそうなところでは車体の水平垂直を保とうと気を使わなければならないため、だんだんストレスがたまってきます(笑)

個人的にはツーリング時にもっとのんびりと景色を楽しみながら走りたいので、近いうちに別の社外品タイヤに交換しようと考えています。

② 機動力が、、、、

PCXは比較的に車体が大きく、重量もあるのでやっぱり押し歩きではもたつきます。

また、フラットボードの他の原2と比べたとき乗降時に足を上げ下げしなければならないPCXは機動力の点で劣ります。

たとえば、Uターン禁止の道路で信号にひっかかったようなときに、横断歩道を押し歩きすればすぐにUターンできますよね。

でも、それが面倒だと感じてしまうんです。

「押し歩きは面倒だから、次に右折できる場所でいったん路地に入って」となってしまいます(笑)

自分みたいな方向音痴な人間だとUターンしたい(というよりしなければならない)頻度が多くなり、手間がかかります。

キャンプツーリングでキャンプ道具をのせて、さらに重さが増しているようなときには押し歩きなど考えないようにしてます(笑)。「こいつはクルーザーなんだ!!」「ツーリングツアラーなんだ!!」と思うことにしています。

まあ、ここはPCXの悪い点というより面倒くさがりの自分が悪いということなんですよね。

③ ヘッドライトの明るさ

街灯がある場所では問題ないのですが、夜間で街灯がない峠道などではヘッドライトだけでは頼りないです。

ハイビーム時でも、です。

もちろん、まっすぐな道であればライトの明かりは逆ハの字に路面を照らしてくれるため問題ありません。

しかし、カーブにさしかかるとライトの明かりがハの字に照らされるかんじになってしまい、肝心の少し前方の路面の状況をつかむことができません。これは、こわいです。

ただ、この点はPCX特有の問題ではなく、2輪車であれば多かれ少なかれ生じる問題かと思います。

それに、単純にライトの明るさで比較すればNMAXよりはPCXの方が優秀だと感じます。

いずれにしても「安全運転をしましょう」ということに行き着くわけですが。

3.おわりに

ここまでPCXの良いところ・悪いところをいろいろ書きましたが、個人的にはPCXを選んで良かったと思っています。

「真夏のクソ暑い日」に無事1ヶ月点検も終えることができたので、これから自分なりにカスタムしたり、いろいろな場所にツーリングに行ったり、大切に乗りながら、良い思い出を作りたいと思います。

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

それでは,

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク